• おすすめ

第7回 西周賞 論文募集

締切日
2024年8月16日(金)
主催者
津和野町、津和野町教育委員会
賞金10万円と津和野町への旅費(上限8万円)
応募資格
・若手研究者支援のため、応募時に40歳以下の者 ・令和6年(2024)11月末~12月初頃(予定)に島根県津和野町で開催される「西周シンポジウム」に出席し、講演できる者

幕末から明治初期に活躍した西周(にし・あまね:1829-1897年)は津和野町で生まれ、哲学や国際法をはじめとした西洋諸学の日本への受容に寄与し、我が国の学術界に大きな影響を与えました。 津和野町では、西周の優れた業績を顕彰し、その知的伝統を継承・発展させるべく、若手研究者育成とその支援を目的とした「西周賞」を明治維新150周年の平成30年に創設いたしました。なお、本賞は、平成29年12月2日に島根県立大学と津和野町のあいだで締結された「西周研究にかかる連携・協力に関する協定」関連事業の一環として、同協定の新全集編纂事業と並行して毎年開催しています。 表彰および賞金授与は、毎年津和野町で開催される「西周シンポジウム」にて行い、その際受賞者はご自身の研究に関する講演をしていただきます。

募集内容
ひろく西周にかかわる学術論文 ・西周を論じたもの ・西周と関連する幕末から明治維新期の人物や出来事を論じたもの ・幕末から明治期における思想・言語・政治・法律を扱ったもの 本賞は、哲学をはじめとして、法学、日本語学、心理学、軍事論など様々な領域で活躍した西周を顕彰するものであるため、日本における西洋哲学の受容や発展にかんするものから、国語・国字論争を主題としたものなど、幕末から明治初期における思想や言語、政治等を扱ったものを対象とする。
作品規定
・締切必着 ・8,000字以上20,000字以内(手書きは不可) ・縦書き・横書きなど書式は自由 ・未発表の論考か令和5年(2023)1月1日以降に発表された論文 ・既出の論文を提出する場合はその出典を明記すること。また、投稿中や投稿予定の論文を提出する場合、投稿先にも確認を取ること ・応募用紙に必要事項を記入の上、原稿7部とともに郵送すること ・同一の論文で複数回応募することはできない
応募方法/応募先
原稿7部と応募用紙1部を同封して郵送すること 〒699-5604 島根県鹿足郡津和野町森村ロ127 津和野町郷土館内 津和野町教育委員会 西周顕彰事業担当
応募時の会員登録
不要
募集期間
~ 2024年8月16日(金)
応募資格
・若手研究者支援のため、応募時に40歳以下の者 ・令和6年(2024)11月末~12月初頃(予定)に島根県津和野町で開催される「西周シンポジウム」に出席し、講演できる者
西周賞(1名) 賞状および賞金10万円と津和野町への旅費(上限8万円)
諸権利
詳細は主催者WEBサイトを参照

出典:https://www.town.tsuwano.lg.jp/www/contents/1711414258094/index.html
コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

  • バナー
  • バナー
  • バナー