この公募は締切済みです

    「文春俳壇」第5弾

    締切日
    2024年7月8日(月)
    主催者
    「週刊文春」編集部
    池田澄子氏選評
    応募資格
    資格不問

    大好評をいただいている「文春俳壇」、次回の開催が決定しました! これまで4回の開催で、毎度、応募総数2000句ほどの佳句をお寄せいただいております。 たくさんのご応募をありがとうございました。 そこで、「週刊文春」8月15・22日 夏の特大号(8月8日発売)にて、「文春俳壇」第5弾を開催する運びとなりました。 読者の皆様から俳句を募集し、入選句を選評とともに誌面に掲載いたします。 選者は引き続き、「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」「ピーマン切って中を明るくしてあげた」などの句で知られる俳人の池田澄子さん。 お題は設けません。 誰も詠んだことのない、あなただけの自由な一句をお待ちしています。ふるってご応募ください。

    募集内容
    ▼自作未発表のものを3句まで。なお二重投稿はご遠慮ください。 ▼兼題:なし。
    応募方法/応募先
    住所、氏名、年齢、電話番号を明記してください。 掲載にあたって俳号(ペンネーム)をご希望の方は、そちらもご記載ください。 個人情報は掲載誌送付などのためにのみ使用いたします。 ◎郵送で投稿する場合  郵便はがき1枚に3句まで(応募作品は返却いたしません)  【宛先】〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23  「週刊文春」俳句 ◎WEBで投稿する場合  [投句フォーム]をご利用ください。 ▼締切:7月8日(月) 郵送は必着/投句フォームは23時59分送信分まで有効
    応募時の会員登録
    不要
    募集期間
    ~ 2024年7月8日(月)23:59
    応募資格
    資格不問
    池田澄子氏選評、「週刊文春」掲載
    入選点数
    10点~30点未満
    審査員
    池田澄子
    結果発表
    「週刊文春」8月15・22日 夏の特大号(8月8日発売)
    諸権利
    詳細は主催者WEBサイトを参照

    出典:https://bunshun.jp/articles/-/71283
    コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

    • バナー