平和の俳句 今年も作品を募集

    締切日
    2024年6月30日(日)
    主催者
    中日新聞社
    夏の紙面で掲載
    応募資格
    資格不問

    「平和の俳句」は、戦後70年の2015年から始まり、今年で10年目を迎えます。最初の3年間は毎日、18年からは夏の紙面で掲載してきました。今夏は22年、23年に続き、8月中の毎日、入選句をご紹介する予定です。特集面にも掲載します。

    募集内容
    読者の皆さまから「平和の俳句」を募集します。今年の一句をお寄せください。
    作品規定
    投稿は未発表の自作の句に限ります。日本は戦後79年、ウクライナ、パレスチナ自治区ガザをはじめ世界では戦禍が絶えません。「平和」を自由な発想で詠んでください。季語はなくても構いません。作品に込めた思いや体験を書き添えていただければ幸いです。
    応募方法/応募先
    応募は、はがきの裏面に一句と住所・氏名(振り仮名も。ペンネーム不可)・電話番号・年齢(生年月日)・職業を書き、〒910 8567 日刊県民福井「平和の俳句」係へ。ウェブサイト=QRコード=でも受け付けます。
    応募時の会員登録
    不要
    募集期間
    ~ 2024年6月30日(日)
    応募資格
    資格不問
    8月中の毎日、入選句をご紹介する予定です。特集面にも掲載します。
    審査員
    選者は「平和の俳句」を俳人の故金子兜太(とうた)さんと発案し、共に選考してきた作家のいとうせいこうさん(63)と、テレビなどでも活躍する俳人の夏井いつきさん(67)です。
    結果発表
    8月中の毎日、入選句をご紹介
    諸権利
    詳細は主催者WEBサイトを参照

    出典:https://www.chunichi.co.jp/article/904009
    コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。