• 地域限定

【戦後79年】いま戦争を考える エッセー・体験談募集

締切日
2024年7月31日(水)
主催者
株式会社神奈川新聞社
新聞紙面に掲載(神奈川全県で流通、国会図書館にも収蔵されます)
応募資格
神奈川県在住、在学、在勤の方

神奈川新聞の読者投稿欄では、この夏「戦後79年」をテーマに、体験談やエッセーなど500字程度の原稿を大募集します。 原稿は7月上旬から随時「神奈川新聞」紙上で紹介する予定です(早く送れば送るほど掲載率が上がります)。

募集内容
「祖父母から聞いた体験談」「戦争を知らない世代だからこそ考えること」「今世界で起きている戦争や紛争について思うこと」など、切り口は自由です。あなただからこそ書けるエピソードをお寄せください。 戦争を直接経験した80代以上の高齢者からの投稿は特に歓迎します。ご本人が原稿を書くのが困難な場合、親族や知人の方の代筆でも構いません。
作品規定
・500字程度(目安ですので、字数が多くなってもOKです) ・実名でご投稿ください。 ・投稿の際は本文の冒頭か末尾に「公募ガイドを見た」とお書き下さい。
応募方法/応募先
趣旨を変えずに添削する場合があります。 採用されると、名前の他、職業、年齢、住所(市区町村まで)が紙面に掲載されます。 投稿者氏名であっても旧字や異体字は原則として使いません。旧字・異体字を希望する人はその旨を明記してください。 メール(opinion@kanagawa-np.co.jp)、またはカナロコの場合、投稿する文章は添付ファイルを使わずに本文に書いてください。 「自由の声」「変化球」以外は、写真(画像)必須です。郵送の場合、写真は必ず写真プリントにしてください(紙に印刷したものは不可)。メールまたはカナロコからの場合、画像形式JPEGファイル(拡張子jpg)にして添付してください。写真はトリミングする場合があります。 匿名、二重投稿、発表済みのものは受け付けません。 著作権は神奈川新聞社に帰属。投稿者本人であっても利用には許諾が必要です。 引用するときは出典を明記。新聞や雑誌は掲載日、書籍は著者名も。 読みがなは投稿者氏名のほか、地名・施設名・人名など、難読字や複数の読みが考えられるものは読みがなを添えて。 実名が原則。匿名希望でも連絡先を。採否の問い合わせはご遠慮ください。投稿されたものは返却しません。 【郵送・ファクスの場合】手書き原稿は、原稿用紙に縦書きで。▽郵送=郵便番号231-8445(住所不要)、神奈川新聞社統合編集局報道部「自由の声」係。▽ファクス=045(227)0186
応募時の会員登録
不要
募集期間
2024年6月14日(金) ~ 2024年7月31日(水)
応募資格
神奈川県在住、在学、在勤の方
入選点数
10点~30点未満
結果発表
7月上旬から随時「神奈川新聞」紙上で紹介予定(早く送れば送るほど掲載率が上がります)
諸権利
詳細は主催者WEBサイトを参照

出典:https://www.kanaloco.jp/company/contact/voice.html
コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

  • バナー
  • バナー