• 参加賞あり

NOBUKOアート基金コンクール 第4回「絵と言葉のチカラ展」

締切日
2024年12月15日(日)
主催者
公益財団法人パブリックリソース財団
50万円、「芸術新潮」掲載
応募資格
年齢、国籍は不問。 ただし日本国内にて手続き、発送、返却できる方。

本展は、2019年に41歳で亡くなった実業家、河合伸子氏の遺志を受け、困難を抱える子どもや家庭に育つ子どもを支援する「NOBUKO基金」(公益財団法人パブリックリソース財団内に設置)の補助事業として、「絵と言葉のチカラ展」実行委員会が開催致します。(「NOBUKO基金」は、その分野で先駆的活動を行なっているNPO6団体に向け、総額4500万円の助成を行なうなど、その活動を支援しています。) 本展はアートは人々の心を潤し活力を与えるという信念のもと、作り手、そして鑑賞者の心が豊かになるような作品を、1点でも多く世に発信したいと願っています。

募集内容
絵(平面作品)と言葉の世界を表す未発表の作品を募集します。 絵と解説文の単純な組み合わせは該当しません。 テーマは自由
作品規定
個展、グループ展での発表作、WEBやSNSでの発表作は対象、他の公募展などに出品し、入選しなかった作品も可。 制作年は問いません。 【絵画】 15号(652×652 mm)以内(額装無しの状態)、素材と技法は自由、重さ20キロまで。 2次審査以降、額装は基本的に必要とします。(アクリルは可、ガラスは不可。額装のない場合の破損などの責任は一切負えません)。 絵と言葉が同一画面上にある必要はありません。 未発表であれば制作年は問いません。 【言葉】 エッセイ、詩、俳句、短歌、物語など400文字以内であれば何文字でも良い。ジャンルは不問。 既存で発表されたことのある文章は不可。 絵と言葉の著者は同一でも別々でも良い。 応募は全てWEB上(nobuko-art.com)で行って頂きます。
応募方法/応募先
申し込みに必要なもの 1.作品の画像データ 2.作品情報(タイトル、サイズ、制作年、素材) 3.略歴 4.言葉(HP上の入力フォーマットを利用) 5.出品料の送金済みを証明するデータ。(郵便局や銀行の利用明細の写メ、スキャンデータなど。) 6.中高生は学生証のデータ(写メ、スキャンデータなど)、小学生は健康保険証やマイナンバーカードなど生年月日がわかるもの。 1~6は全てHP上の応募画面から入力またはアップロードしてください。
出品料
1点5千円、2点8千円  小中高生の場合は各々半額
応募時の会員登録
不要
募集期間
~ 2024年12月15日(日)
応募資格
年齢、国籍は不問。 ただし日本国内にて手続き、発送、返却できる方。
グランプリ: 50万円、副賞として受賞作品を「芸術新潮」に掲載。 NOBUKO賞: 30万円, 受賞作品を「芸術新潮」に掲載。 山下裕二賞、齋正機賞、「芸術新潮」賞、上野松坂屋賞: 各5万円, 受賞作品を「芸術新潮」に掲載。 佳作賞:景品(商品券) 入選:賞状 入選者全員に図録1部を贈呈します。 *入選作品展では原則として作品を販売。
入選点数
10点未満
審査員
齋 正機(日本画家) 山下裕二(美術評論家、明治学院大学教授) 吉田晃子(「芸術新潮」事業部長)
諸権利
詳細は主催者WEBサイトを参照

出典:https://www.nobuko-art.com/
コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。